NativeCamp

No.407 4月8日(月) 通信制大学での学び方を学ぶ

地図屋
地図屋

いらっしゃいませ 地図屋でございます。

本日は2024年4月8日(月)道標日記No.407です。 ご来店ありがとうございます。

先週末は通信制大学のレポート提出科目試験があり、ヒイヒイ言っていた地図屋です😅

無事に終えることができ、久しぶりにブログにもふれることができ、今はホッとしています。

私の住んでいるところは桜が満開で、昨日も勉強の間の息抜きでお花見に行ってきました。本当に過ごしやすい季節になりましたね。

ひと段落したことと季節の変わり目を良いスタートに繋げていきたいです。

今年度も勉強がんばるぞ!!💪😆

さて

今回の道標日記は

🪧道標 【 自分を応援する人 】

👂耳勉強 【 通信制大学 最短卒業のために私がやったことをお話しします 】 Izumiさん

を紹介させていただいております。

私の習慣が、皆さまの夢のお手伝いになれば幸いです。

夢への地図を描くお店 World Map 5 🗺 どうぞ ゆっくりしていってくださいね😌

🪧道標 【 自分を応援する人 】

今日の道標
今日の道標

🪧自分を応援する人

自分を誰よりも応援してくれるのは“自分”である。

友よりも、家族よりも、仲間よりも、恋人よりも
誰よりも近くで死ぬまで応援することができるのは“自分”である。

自分を信じて、自分の最大限の力を引き出してやりましょう。

地図屋

地図屋
地図屋

🪧🤔
人とは必ず別れの時が来ます。生まれてから死ぬまでずっと一緒にいるのは“自分”だけです。その“自分”が最も近くで誰よりも応援してくれるのなら、こんなに心強いことはないですよね。自分の強みも一番知っているのも“自分”です。

たった一度の人生、思い切り“自分”を充実させてやりましょう!

👂耳勉強 【 通信制大学 最短卒業のために私がやったことをお話しします 】 Izumiさん

地図屋
地図屋

👂今日の耳勉強は

Izumiさんの【 通信制大学 最短卒業のために私がやったことをお話しします 】 

最も学んだこと💮

・シラバスをよむ (課題の範囲を重点的に勉強する)

 シラバスには、課題の内容や講師が学んでほしいこと、評価基準が載っている。

 どういうところでそのレポートが評価されるのか、そのレポートに対して何を求められているのかを自分がわかっていることが大事である。講師に聞かれていないことに対して答えてもレポートが落ちる確率は高くなり、第一、求められていないことをやっても意味はない。

 まずは、課題を始める前に、取り組むレポートの

“何を書かなければならないのか”

“何を理解しなければならないのか”

“どういうところをポイントとして押さえておかなければならないのか”

というポイントを押さえる。押さえた上で初めて課題となるテキストを読んでいく。

 レポート学習は文字数も決まっており、本を一冊読んだとしてもレポートに丸々落とし込めるわけではない。なので、テキストはシラバスで求められている必要なところを重点的に読むようにする。

 テキストを読んでいて、自分が大事だと思った点や自分の感じたこと・考え・疑問点をメモに落とすようにする。レポートを書く材料としてメモにしておく。

 テキストを読み終えたら、もう一度シラバスを読み直し、再度、課題の内容を振り返り、レポートで求められていることを確認するようにする。

・頭の中でレポートの構成を考える

 大体でいいので、頭の中で文章を書く流れ(順序)を作る。(イメージ程度で🆗)頭の整理ができて、書く内容が決まったら、あらかじめ書いたメモなどを使って大まかに書いていく。

 Izumiさんは運転中に文章構成する癖があった。レポートに落とす前に勉強した内容や書いたメモをもとに構成を考えるようにしていた。ある程度自分の中で構成や考えがまとまっているからこそ、「レポート書きます!」というときに短時間でも書くことができた。

 この一連の流れができていたことが少ない勉強時間でもレポートをどんどん書くことができていた。

・文章を書くことを日常化する

 Izumiさんはブログを書いていたので、文章を書くことが日常化していた。ブログとレポートは全然違うものだが、ブログを書いていたことで、文章を書くことに対して抵抗感がなかったという。

 「文章なんて書いたことない」「ブログなんてやったことない」という人がほとんどだろうが、レポートは単位を取っていく上で絶対に必要になるので、とにかくどんなものでもよいので“文章を書くことに慣れる”ことが大事である。

 最初から完璧なレポートなんて書けないものだから、とにかく書いて数をこなすことで、絶対に文章が書けるようになってくる。文章を書く練習をすればするほど抵抗感はなくなっていく。

 どんなものでもいいから1回文章にしてみる。1番最初から最後まで書けなかったら、段階的に分けてみてもよい。最初から繋がりのある文章でなくてもいいから、短い文章をいくつか書いていって最後にまとめるようにする。このような練習がすごく役立つ。

地図屋
地図屋

👂今日の耳勉強を振り返って…

私も通信制大学生ですがこの動画を聴いて、

「もっと早く参考にすればよかったー!😭」という思いと、

通信制大学に通って一年経ったからこそ

「わかるわかる!」と共感するという、2つの思いをもちました。なので、改めてこれまでの自分の勉強法を振り返れることができ、とても参考になりました。

“文章を書くことを日常化する”の部分では、Izumiさんもブログを書いておられ、私も強く共感しました😊ブログをやっていたし、通信制大学にもチャレンジできた?😁そう思えるぐらいブログはやっておいてよかったと思っています。

またこれからも通信制大学についての耳勉強をして、自分の学習に活かしていきたいです!💪😤

Izumiさん 学ばさせていただきました😌👂📝

地図屋
地図屋

本日もご来店ありがとうございました。

毎日が皆様にとって素敵な日になりますように

それでは

Have a nice dream day.🎫✈️

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました