NativeCamp

No.404 3月27日(水) どん底③ 夢に近づいた実感 

地図屋
地図屋

いらっしゃいませ 地図屋でございます。

本日は2024年3月27日(水)道標日記No.404です。 ご来店ありがとうございます。

年度末ですね。師走のような時期に、心の迷いも生まれやすい地図屋です。

昨日は一つ失敗をしました。

自分自身におごりたくないと、成長するために退職しましたが、緊張感がある現場から抜けたことで少しずつ温度差を感じている自分がいます。

勉強のために退職したので勉強の方に集中しているのは良いことなのですが、今までやってきた仕事を当たり障りなくやり過ごそうとしている自分が出ているような気がします。それは必死に仕事をしている人たちからしたら失礼な話です。昨日は相手にそう思わせるような失敗をしてしまいました。

自分をさらに成長させたくて仕事を辞めて勉強をしているのに、結局気を緩めてしまうのかと自分を叱りたいと思いました。

気持ちを改め、謙虚に、精進していくと心に誓う地図屋でありました。

さて

今回の道標日記は

🪧道標 【 平日こそ自分を育てる 】

☕️よりみち 【 どん底からの1年を振り返って ③ 】  

を紹介させていただいております。

私の習慣が、皆さまの夢のお手伝いになれば幸いです。

夢への地図を描くお店 World Map 5 🗺 どうぞ ゆっくりしていってくださいね😌

🪧道標 【 平日こそ自分を育てる 】

今日の道標
今日の道標

🪧平日こそ自分を育てる

予測しやすい同じ生活リズムである平日の方が習慣が身につきやすい。小さくても勉強や運動をし、積み重ねていく。

「休みの日にやる!」ではなく、
休みじゃない日にこそ自分を育てる。

地図屋

地図屋
地図屋

🪧🤔
休みの日の方が、時間が沢山あると思って油断しがち。それは私のこと😅

結局もったいない過ごし方をしちゃうんですよね。
平日だと時間の有限性を感じ、限られた中で緊張感を持って過ごせます💪
だからこそ平日にこそコツコツ積み上げやすいと思うのです😌

☕️よりみち 【 どん底からの1年を振り返って ③ 】

☕️きょうのよりみちでは、退職前にメンタルがどん底まで落ち込んだ地図屋さんが、なぜ這い上がることができたかを綴らせていただいております。

なぜどん底から這い上がれたのか?

②夢への加速

2つ目は、退職してから夢へと歩んでいる実感を持てたことです。

私は、ニュージーランドで働くために退職を決意をしました。ニュージーランドで働くために必要な資格を取るためです。

しかし、退職前後はメンタルがかなり揺れました。

「退職せずに安定した道を選んだほうがよかったのでは、、」このことが何度も何度も頭をよぎりました。しかし、それを乗り越えることができたのは、夢に近づいている実感が持てたからだと思います。

・通信制大学の学習に慣れていった

退職したら、通信制大学に願書を出し、入学し、勉強を進めていきました。スクーリングを受けたり、レポートを提出すると、単位がもらえました。これが、大学卒業という目的に着実に歩んでいる実感をくれました。「自分は夢に向かって進んでいる」。この積み重ねが、退職したことへの不安を少しずつ和らげていってくれました。

地図屋
地図屋

通信制大学についての記事はコチラ🫱 🗺️

🗺️通信制大学 怒涛の1週間1週間を終えて

・初めてニュージーランドに行った

私は夢を実現させるために、周りの人の「ニュージーランドに行きたい」ことを口に出していました。“夢はを周りに語ると現実になる”といいますが、このことが本当に実を結びました。「一緒に行きますか?」と誘ってくれる人が現れたのです。そして初めてニュージーランドに行けたのです。自分の夢の地、働きたいと思っていた場所を“生”でみることができました。退職してある程度自由がきく状態だったからこそ、即決でニュージーランドに行くことができました。これは「夢を公言していてよかった。退職して間違いなかった。」実感することができた出来事でした。

Mapさん
Mapさん

地図屋さんのニュージーランドの旅についての記事はコチラ🫱 🇳🇿

🇳🇿ニュージランドへの旅の準備 7つ

🇳🇿ニュージーランドで楽天モバイルを使ってみた

・思いがけずテレビに出演

夢を公言していたとともに、私は自分の夢のために行動もし続けていました。勉強できる場にはすぐにとび込み、会いたい人に会いに行きました。すると、その出会った人の中の一人に「テレビに出ませんか?」と誘ってもらいました。

 このことにはとても驚きました。だってそんなつもりは一切なかったのですから。ものすごく悩みましたが、行動することが夢へとつながると信じていたので、依頼を受けることにしました。テレビに出るので、家族や職場にも相談しました。どちらにも「何を目指してるの?」と笑いながら言われました。

 自分でもよくわかりません😅 退職してすぐにニュージーランドに行ったり、テレビに出ようとしたり、自分でも面白い人生を過ごさせてもらっているなあと感じていました。なかなかできない経験をさせてもらい、大きく自分が変わる機会になりました。このことも、これまで行動してきたことへの自信になり、退職する道を選んだことに確信をもつ機会になりました。

ホットくん
ホットくん

地図屋さんのドキドキ生放送に出演についての記事はコチラ🫱 🪧

🪧地図屋 生放送に出演!?

以上のように、すぐに開き直ったわけではなく、少しずつ夢に近づいている実感をもってたことがメンタルを支え、夢へと向かう力になっていきました。

(次回の道標日記No.406につづく)

地図屋
地図屋

本日もご来店ありがとうございました。

毎日が皆様にとって素敵な日になりますように

それでは

Have a nice dream day.🎫✈️

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました