NativeCamp

No.402 3月20日(水) どん底②家族がいることの尊さ

地図屋
地図屋

いらっしゃいませ 地図屋でございます。

本日は2024年3月20日(水)春分の日道標日記No.402です。 ご来店ありがとうございます。

先週末は仕事と勉強で忙しく、それで疲れが溜まっていたのか、口内炎ができたり、早く起きれなかくなっている地図屋です😅非日常のことはとてもパワーを使いますよね。その分、ちゃんと休むことの大切さを感じています。

今日は春分の日🌸皆さまにとってどんな1日になるでしょうか😌

さて

今回の道標日記は

🪧道標 【 磨き続ける意味 】

☕️よりみち 【 どん底からの1年を振り返って ② 】 

を紹介させていただいております。

私の習慣が、皆さまの夢のお手伝いになれば幸いです。

夢への地図を描くお店 World Map 5 🗺 どうぞ ゆっくりしていってくださいね😌

🪧道標 【 磨き続ける意味 】

今日の道標
今日の道標

🪧磨き続ける意味

本番、試合、勝負という非日常の場面で、日常以上の力を発揮することはできない。
だからこそ、日常を本気で生き、最善を尽くし続けなければならない。
自分を磨き続けるからこそ、いざという時にも最善を尽くすことができる。

地図屋

地図屋
地図屋

🪧🤔
本番でもいつも通りな人って、見えないところで誰よりも努力しているんですよね。だからどんな場面でも自分を発揮できる。
「なんとかなる」って言える人は、投げやりな人もいれば、それだけの積み上げがあるからこそ言える人もいる😌
日々、本当に最善を尽くす❗️💪😤

☕️よりみち 【 どん底からの1年を振り返って ② 】

なぜ どん底から這い上がれたのか

①家族がいることの尊さ

家族がいることで不安が紛れる

どん底から這い上がれた1つ目の大きな要因は、家族がいてくれたことだと思います。

🗺️どん底に落ちたからこそ気づいた感謝の気持ち こちらの記事にも書かせていただきましたが、どん底に落ちた時に優しく前向きな言葉をかけてくれたのは家族でした。なので私の心は立ち直ることができました。全く不安がよぎらなくなるというわけではありません。でも、退職してよかったと実感できたことで、今では前向きに過ごせていると思います。

 その一つが、家族と過ごす時間が増えたことです。

 退職したことで家族と過ごす時間が圧倒的に増えました。正社員で働いている時には気づかなかった我が子の姿にも気づき、そして毎日一緒に夕飯を食べれるようになりました。このかけがえのない、お金でも買うことのできない、あとで取り戻すことはできない時間を、今まさに過ごせていることが、退職してよかったと思える実感となりました。

不安がよぎる日がない訳ではないのです。でもそんな時も、家族がいることで、一人で思い悩む時間も減り、気晴らしにもなっていたと思います。

家にいるからこそ与えられるもの

そして、私が家にいることで、家族に自由と健康を与えることができていることが嬉しいのです。

子どもたちは学校が終わったら、それまでは学童に行っていましたが、放課後は‘自由な時間’になりました。友達と遊ぶ約束もできるし、家でのんびりできる時間も増えました。自分で生活を決められる権利が増えたのです。子どもたちはストレスも少なくなったように感じます。私も子どもの姿を見ていることが増えたことで、前よりも子どもたちを理解できるようになりました。

退職前は、子育てをパートナーの方に任せている部分が多く、仕事の調整もかなりしてもらっていました。退職したことで、子どもに何かあった時は私が動くことが多くなり、習い事や受診などもほとんどが私になりました。その分、パートナーは仕事に集中できるようになりました。

素人だった私が料理もするようになりました。これは自分でも驚いていることです。作れるものも少しずつ増え、少しずつでも上達していく自分に、継続することの大切さを実感できています。

勉強のために半日しか働かなくなりましたが、その分、家族を大切にできている実感が、私の気持ちを前向きにすることができているのだと思います。

(次回の道標日記No.404につづく)

地図屋
地図屋

本日もご来店ありがとうございました。

毎日が皆様にとって素敵な日になりますように

それでは

Have a nice dream day.🎫✈️

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました