NativeCamp

No.340 8月21日(月) 夏の終わり

地図屋
地図屋

いらっしゃいませ 地図屋でございます。

本日は2023年8月21日(月)道標日記No.340です。 ご来店ありがとうございます。

昨日、この夏の最後の講義を終えました。7月終わりから始まった夏期スクーリングが終わり、ちょっと肩の力が抜けました。

スクーリングの時期は、ブログも休み、生活習慣も変えていたので、日常に戻ったことにもホッとしております。

ここからの学業は、テキストを読み込んでレポートを提出し試験を受けるの繰り返しになります。つまり、自分の努力次第なので、習慣化の力を発揮し、学業に励んでいきます😌

さて

今回の道標日記は

🪧道標 【 人生は何度でもやり直せるけど、元には戻れない 】

☕️よりみち 【 通信制大学 怒涛の1週間を終えて④ 】

を紹介させていただいております。

私の習慣が、皆さまの夢のお手伝いになれば幸いです。

夢への地図を描くお店 World Map 5 🗺 どうぞ ゆっくりしていってくださいね😌

🪧道標 【 人生は何度でもやり直せるけど、元には戻れない 】

今日の道標
今日の道標

🪧人生は何度でもやり直せるけど、元には戻れない

やりたいと思ったことはいつでもできるかもしれない。後回しにもできないこともない。
けれど、「あの時やっておけばよかった」と後悔することの方が多いと思う。

やりたいと思ったなら“今”やった方が良い。

地図屋

地図屋
地図屋

🪧🤔
「今が一番若い」「いつやるか。今でしょ」「人は何者でもなれる、いつからでも」

“今”を伝える言葉は多い。
人生は一度きり。これもよく聞く言葉。後悔しないために“今”やりたいことを考え続ける。それは受け身の人生ではない。苦しくさもあるだろうけど、自分の人生を生きていることになる。

☕️よりみち 【 通信制大学 怒涛の1週間を終えて④ 】

今年度から通信制大学に通うようになった地図屋さん。

8月の頭、6日間講義づけの1週間があり、今年1番ハードな1週間でもありました。

☕️きょうのよりみちでは、その1週間を振り返りたいと思います。

8月7日(月)から12日(土)まで、怒涛の1週間。初めの3日間は、午前中に仕事をして、その後に講義を受講。残りの3日間は午前中も講義、午後も講義の9:00〜18:00までぶっ続けのスケジュールでした。その怒涛の1週間を振り返ります。今回はその4回目 最終回です。

大人こそ学びやすい国へ

勉強、学校ってどんなイメージですか?

  怒涛の1週間で感じたこと。1つ目が支えてくれた人たちへの感謝。2つ目が久しぶりの学生気分、3つ目が多様な人との出会い。そして今回は、もっと大人が学びやすい国になってほしいという思いです。

 皆さまは“勉強”や“学校”にどのようなイメージを持っていますか?私はあまり良いイメージは持っていませんでした。勉強は“させられる”ものであり、“将来のため”と言われながらやらされ続けたからだと思います。世間的も、良い成績をとって、良い学校に入って、良い仕事に就くことが幸せと、思わされてきたのではないでしょうか。

 そんな私は、勉強に熱心に取り組んできた記憶もないですし、幸い、親も勉強しなさいと強く言う方ではなかったでので、試験もまともに受けたこともないまま、只々、親の導きと良き人々との出会いがあり、仕事に就くことができました。

そんな私でさえ、勉強に良いイメージは持ってきませんでした。

大人になって痛感した勉強することの大切さ

 勉強の大切さ、喜びを知ったのは大人になってからです。のらりくらりと生きようとしていましたが、生きていると知識・経験の少なさを痛感する時がありました。それでもごまかしごまかしやろうとしていましたが、やはり、勉強しなければ成長しないということにジワジワ気づきました。

 そして、私は読書をするようになり、教わりたい人のところに会いにいき、隙間時間があれば耳勉強をするようになりました。

 そうすると、人生が大きく変わり出したのです。自分が活躍する場面が増えたり、人脈が広がったり、人の役に立っている実感を持つこともできました。勉強すればするほど、相乗効果で自分へのメリットが膨らんでいきました。そんな時、“なんのために勉強するのか?”の答えを実感することができたのでした。勉強が好きになっていたのです。

あの頃の自分に伝えたい“勉強の喜び”

 勉強すればするほど「あの時勉強しとけばよかったー!」と思います。これは皆さまも思ったことがあるのではないでしょうか。

 小学生からの勉強する時期は、本当にチャンスに溢れていたのです。まあ 学生の時に“勉強の意味”を実感できていなかったからこそ、今があるとも思えます。でも、私のように大人になってから「あの時に勉強しておけばよかった」「今から勉強したい」と思っている人もいると思います。

生涯勉強できるチャンスがある

 生きていたらやりたいことは変わり続けると思います。私も映画作成者、自転車屋さん、カメラマン、先生、ブロガー、YouTuberと、やりたいことは変わり続けています。今はニュージーランドで働くことが夢です。

 小さい時に「大人になったら〇〇になりたいです」と言うのは、一つの夢しか追いかけられない現実を突きつけている今の日本の現状を表しているのかもしれませんね。

 それではつまらない。私はもっといろいろなことに挑戦できるようになったらいいなあ、と思います。

 通信制大学に通っている私の考えは

 学びたい人は大学まで授業料の無償化にする。働いてからも高校大学への入学ができ、それも保障されるようになればいいなあ、と思います。自治体によっては既にしているところもあるかもしれませんが、全ての人が学ぶチャンスと生涯学び続けらえる保障があったら良いと思います。

 日本は天然資源の少ない国なので、人が資源です。これからのIT社会、国際社会の中で、生きていくには、学校を卒業したら終わりの学びは終わりの人ではなく、学び続ける人が必要だと感じます。

 私は、周りの人や環境に恵まれて、今、勉強することができています。若い時には感じられなかった勉強することの大切さをヒシヒシと感じています。でも、お金や生活のことには不安があります。その不安もなく、安心して学べることができたら、もっと勉強することは楽しくなると思います。

 この国がもっと学びやすい国になることを願っています。そのために私なりできることを行動していこうと思います。

 今回は4回にわたり、私の通信制大学 怒涛のスクーリング1週間で感じたことを綴らせていただきました。最後は特に長くなりましたが、自分の感じたことが薄れないうちに書き留めたいと思い、書かせていただきました。

 これから学びたい人、今、勉強している人のお役に立てれば幸いです。

以上 地図屋でした。ではまた👋

 

地図屋
地図屋

本日もご来店ありがとうございました。

毎日が皆様にとって素敵な日になりますように

それでは

Have a nice dream day.🎫✈️

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました