NativeCamp

👂地図屋の耳勉強集 2023年12月 〜自他との振り返りで濃い夢を描く〜

地図屋
地図屋

いらっしゃいませ 地図屋でございます。

私は毎日“耳勉強”をしております。“ながら”勉強できる耳勉強は最高の自己投資です💪😊✨

今回は2023年12月の耳勉強の中から厳選したものを紹介させていただきます。

耳から勉強して一緒に夢を叶えましょう👂✨

📘【 世界一流エンジニアの思考法 】牛尾 剛さん

地図屋
地図屋

👂今日の耳勉強は

フェルミ漫画大学さんの【 世界一流エンジニアの思考法 】牛尾 剛

【 世界一流エンジニアの思考法 】牛尾 剛

最も学んだこと💮

・Fail Fast

マイクロソフトの社内では成功しようがしまいが、仮説を立てたらまずはやってみて、早くフィードバックを得て、修正していくという「Fail Fast 早く失敗する」という考え方が浸透している。

著者は、社内で失敗や間違いをした時に、誰かから怒られることが皆無だった。むしろ失敗に気がついて後に本社に報告すると「フィードバックありがとう!」と感謝されるぐらい😳

失敗すると怒られるのでは、無難で安定したことばかりするようになるばかりか、挑戦しなくなってしまう。そうなると会社の未来も、自分の未来も閉ざされてしまうことになる。

チーム内では、失敗を報告してくれたら失敗する方法がわかったので感謝することが大事であり、怒ったり批判するのはチームメイトを子ども扱いしているのと同じになる。

「早く失敗して小さい失敗を繰り返す」ということを覚えておく。

・In my opinion

話し合いで相手が自分と違う意見を言うと、どうしても自分を否定されているように感じて角が立つ。だがプライベートはともかく、仕事の時は、人と違ったとしても自分の本音をぶつけていかないと良い仕事ができなくなる。

そのためチーム内では、会議や相談などで、他と異なる自分の意見を言うときに頻繁に出てくるフレーズが「In my opinion」になる。これは「自分の意見では」とか「自分の意見を述べさせてもらいますね」という意味になる。日本では「個人的には」と言って話す始める人もいる。

こうすることで、たとえ相手が自分と正反対の意見を言ったとしても心にぐさっとこないし、角も立たなくなるし、自分とは違う意見も受け入れやすくなる。

著者も以前は意見交換をすると心がつらくなっていたが、今では意見交換が楽しいし、助かるものという感覚になった。

ポイントは「相手を否定しない」し「相手のアイデアを否定しない」だけど「自分の考えとして意見を言うこと」である。

「意見が対立する時は「自分の意見では」と前置きしてから話す」ということを覚えておく。

地図屋
地図屋

👂今日の耳勉強を振り返って…

さすが一流企業!と、そのチームワークや考え方に羨ましくなりました。

今回の学びのように、失敗することをポジティブに捉えられたら、そのチームはものすごく発展していくのだろうなあと思います。

あと、私はついつい自分の意見を話して、相手の意見を受け入れにくいところがあるので「In my opinion、、、」は心に刺さった学びでもあります。この動画を聴いてから早速実践している自分がいました😏✨

フェルミさん 牛尾さん 学ばさせていただきました😌👂📝

地図屋
地図屋

👂今日の耳勉強で紹介された書籍はコチラ🫱 📙

【 世界一流エンジニアの思考法 】牛尾 剛

📙 【 世界一シンプルな人生を切り拓く技術 】加藤秀視さん

地図屋
地図屋

👂今日の耳勉強は

YouTube図書館あっきーさんの【世界一シンプルな人生を切り拓く技術】加藤秀視さん

【世界一シンプルな人生を切り拓く技術】加藤秀視

最も学んだこと💮

・自己概念を鮮明にする

  自己概念を明確にするには、自分自身について振り返るしかない。

「あなたは何が好きなのか」「何をしている時が楽しいのか」「あなたの長所は」など問い続け、自己概念を鮮明にしていく。

自分にとって大切なものは何かをフラットな状態で探り、新たな価値観を構築する。

「これからどんな人生を送っていきたいか」という質問に対する答えも、自己概念を表すものと言ってもいい。「ポジティブでいたい」「笑顔を絶やさないでいたい」「みんなに優しくしていたい」など、理想の状態を頭の中にしっかりとインプットしながら、自分の新たな価値観にしていく。新たな価値観が見つけることができたら、あとはそれに従って行動していく。

誰にも縛られない主体的な価値観が得られれば、人は必ず変わっていける。

・判断と選択の質を高める

今の自分の現実は、これまで積み上げてきた判断と選択の結果であり、良い状態であっても悪い状態であっても、すべては自分自身が作り上げてきたものである。

これから幸せな状態を望むのであれば

・利己的ではなく利他的に、敵意をむき出しにぜず貢献を考え、競争ではなく共生を求め、依存はやめ共存し、未達より達成を目指す。

 日々の生活の中で選択をする際には

・弱さではなく強さを意識して、怠惰にならず価値を追求し、いい加減な気持ちで現状に甘えるのではなく、目的や目標にこだわる。

良い判断と良い選択を組み合わせることで幸せな状態に近づくことができる。しかし、判断基準や選択基準の質を上げない限り、現状は良くならないのも事実である。

給料が低いのも、上司や同僚とうまく付き合えないのも不幸な境遇にあるのも、すべて自分が下して判断と選択の結果である。こうした状況を変えようと思ったら、再び、主体性を取り戻さなければならない。今の状況を変えたいと思ったら、自分の判断と選択の質について立ち止まって考えてみる。悪い結果が出たときには、まず自分が積み上げてきた判断と選択の結果だと受け止めることが大切である。そこに気がつくことで対処法が見えてくる。 「どこで判断を間違えたのか」「次はもっと冷静になって考えよう」と思えることで主体性が芽生えてくる。主体性を絶やさずに判断と選択の質を加藤上げていくことが大切である。

地図屋
地図屋

👂今日の耳勉強を振り返って…

自分の現状に刺さる動画でした💦

私は、毎日、最善の判断をし、最善の行動をするように心がけていました。しかし、どこかで妥協をしている自分がいることをこの動画から振り返ることができました。本当のベスト、本物の“最善”を尽くせるように、自己概念を鮮明にし続け、主体性を持ってこれから生きていきます。

あっきーさん 加藤秀視さん 学ばさせていただきました😌👂📝

地図屋
地図屋

👂今日の耳勉強で紹介された書籍はコチラ🫱 📙

【世界一シンプルな人生を切り拓く技術】加藤秀視さん

📕【 欲望の見つけ方 】ルーク・バージスさん

地図屋
地図屋

👂今日の耳勉強は

フェルミ漫画大学さんの【 欲望の見つけ方 】ルーク・バージス

【 欲望の見つけ方 】ルーク・バージスさん

最も学んだこと💮

・欲しがるのは誰かの模倣

スタンフォード大学のルネ・ジラール教授は、『模倣の欲望』という本の中で「私たちが欲しがるもののほとんどは模倣である」と書いている。

私たちの欲しがる8、9割のものは誰かの真似によって引き起こされているため、必然的にそれを欲しいと思わせるモデルがいるということになる。食堂にカレーを食べに行きたいと思ったのに、友達の唐揚げ定食を見て同じものを食べたくなるのは友達の欲望を真似したからになる。

このようなことが起こるのは、人間がこの世で最も真似をすることに長けた生き物だからである。実際に、人間は赤ちゃんの頃から言語や表情、髪型、歩き方、身につけているもの、状況に応じた立ち振る舞いなどを真似して成長する。それと同じように、他人の欲望、欲しがっているもの、就きたい職業、キャリア、名声や職業もついつい真似してしまう傾向にある。

それは自分の内側から発生した欲望ではなく、ただ他人の真似をしただけになる。なのでその欲望は軽いし叶えてもそれほど幸せを感じられない。

この書籍では、このような人の真似による欲望を「薄い欲望」と表現している。私たちの欲望の8、9割は薄い欲望である。「ほとんどの欲望にはモデルがいる」ことを覚えておく。

・濃い欲望を大切にする

私たちが抱く薄い欲望は誰かの真似であり、それは軽くて底が浅いものである。手に入れても幸せな気分は長続きせず、環境によって変わるものになる。

一方、1割の濃い欲望は自分の中から湧き上がるものであり、幸せな気分が長続きして、変化し続ける環境に影響されない。薄い欲望に惑わされずに、自分の内側から出てきた濃い欲望を追求する方が人生が充実する。

しかし、今はSNSなどによって大量の情報が流れ込んでくるため、私たちの中には毎日大量の薄い欲望が発生し、それを認識することも難しい状況にある。現代は大量の欲望の「モデル」を目にしやすい時代になっている。そのため、自分の内側から出てくる濃い欲望が見えにくくなってしまっている。

・欲望のヒエラルキーを明確にする

私たちの欲望は同列に思えて、実ははっきりとした序列がついている。欲望は薄い欲望と濃い欲望があり、この欲望のヒエラルキー(上下関係をピラミッド型にはっきりした序列化したもの)を冷静な時に書いておくと良い。

はじめは薄い欲望にまみれすぎて、何が自分の本当に欲しいものか正確には書けないが、とりあえず仮ででいいので書いてみる。そうしておくことで、何か欲望が湧き上がった時に欲望のヒエラルキーを見返すことで、今湧き上がった欲望がどの階層に位置している欲望なのかを冷静に把握することができる。その時、下の方の欲望なら叶えてやる必要すらない。

多くの人は欲望にヒエラルキーがなく、全ての欲望が同列になっていることが多い。それはある意味、全ての文章が太字になっている本のようなもので、どの欲望が大事なのかわからなくなる。自分の欲望の中で大事な太字の部分はどこなのかはっきりさせておくことで、人生で何が大事なのかがわかり、選択のミスも減る。

欲望のヒエラルキーをはっきりとさせておくことが大切である。

地図屋
地図屋

👂今日の耳勉強を振り返って…

はじめは“欲望”という言葉を聞くとどこか否定的な言葉に聞こえました。でも何度も学んでいるうちに、その“欲望”の重要性を実感できました。

濃い欲望は、私で言えば“夢”であり、他の方であれば、例えば、ミニマリストの四角さんであれば“自分の中のアーティスト”という表現になるかもしれませんね。

薄い欲望、つまりノイズに囲まれた現代は、濃い夢を描きにくいことを感じています。だからこそ、自分の習慣術や夢の地図を描く日々の行動が、濃い夢を叶えるために必要で意味のあることなんだと、改めて確信になった動画でした。

フェルミ漫画大学さん ルーク・バージスさん 学ばさせていただきました😌👂📝

地図屋
地図屋

👂今日の耳勉強で紹介された書籍はコチラ🫱 📙

【 欲望の見つけ方 】ルーク・バージスさん

地図屋
地図屋

いかがだったでしょうか

耳勉強の魅力は隙間時間にできること😊

あなたも耳勉強をして、自分の夢を叶えませんか?🗺

このお店が、皆さまの夢を描くことのお手伝いができたら幸いです😌

毎日学ばさせていただいている

フェルミ漫画大学さん

YouTube図書館あっきーさん

この場で御礼を述べさせていただきます。いつもありがとうございます😌

そして皆さまもご来店ありがとうございました。

それでは また👋

Have a nice dream day.🎫✈️

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました